読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職支援行って来た

一応ぼかすけど、非営利のところ。

ちょっとカウンセリングみたいな感じを受けて、

だいぶ安心した。

いくまで精神的にやばかったけど、行ってだいぶ楽になったから、

行ってよかったかと思う。

スタバにて

昨日は精神的に落ち込んだ。全然進まなくて。

早く内定とって楽になりたい。

現実逃避?のため、スタバで作業する。

家だとおかしくなりそうだから。

今日は履歴書作成とエージェントに送る書類の整理する。

自由時間が多すぎてきつい。

自分で決めないと無。というのが結構きつい。

会社は嫌いな仕事だったけど、仕事終われば楽だったんだけど。

退職したことは後悔してないけど。

罪悪感がすごいんだよね。

なんか息抜きもできないし。ツイッターやネットサーフはしてしまうけど・・・なりたい仕事もわからんし。

すごい孤独感がひどい。

人と会うのって結構苦痛だったけど、

まったく会話しない、会わないってのもきつい。

 

phaさんは無職は楽しい、みたいなこと言ってたけど、

自分の場合は全く楽しくない。前職も嫌だけど。

貯蓄がいつまでもつかどうかもドキドキするし。

 

・・・切り替えて、履歴書作成するかな。

 

上京二日目

退職して上京して二日目になる。

 

上京してきた感想としては、田舎と意外と変わらないということ。

生活が。

とりあえずテーブルと椅子。カーテンとシーリング昨日買って来た。

あとスタンドミラーも。

貯金は切り詰めれば3、4ヶ月は余裕だが、

お金の使い方がよくわからない。

とりあえず収入(今は有給だけど)

がなくなるとやばいので、職業訓練校の申し込み(失業保険の関係)

あとできたらネット副業(家賃が割に高いので。)を覚えてできればなぁと思う。

あとは、住所変更、車の免許の書き換えをなんとなくだがやっていく。

 

それが終わったら転職活動か。

何になりたいかわからんけど。

空き時間にプログラミングの勉強でもしていようか。

なんか何もしてないとやばい感じがするし。

履歴書印字するプリンターとA4のコピー用紙も買わんとなぁ。秋葉原かな。

 

なんでブログ再開したかというと、わりに

不安とわくわくしてたけど意外と上京してみれば普通で。

誰も知らない土地で。

自分の存在が消えてしまいそうな、社会から取り残されたような感じがあったから。

 

今日はガスの立会いと住所変更等が主な仕事。できればハロワで職業訓練申し込みできれば。と思う。

今日の後半はネットでダラダラしてしまった。

だるさの中でまたネットしているが、

明日また仕事という事実。

日常もつまらない、が仕事がつまらないからよりつまらなくなってるのかもしれない。

このままここで終わりたくないから、異業種に転職したいけど・・・

もうすぐ32歳じゃ厳しいのだろうな。

かといって転職エージェントは余計に鬱になってしまったから・・・

在職中の転職活動ってものすごいエネルギー消費する。だからやめちゃったんだけど・・・

最終的には転職したい。辞めてから探したい。ってなるけど。

在職中に探せ探せって言われるけど。

行動リソースがなくなってしまうんだよ。

でも在職中に探すしかないんだろうな・・・辛いし萎えるんだけど。

東京に

住んでみたい。

仕事辞めるのは高すぎるハードルとして。

東京に異動になることはないだろうけど。

ささいな夢ではある。

なんも変わらない気がするけど、

若い頃に東京住めるような環境に持っていけばよかったってよく思います。

思い込みかもしれないけれど

仕事と生活、人生ってのは基本楽しいものではないと思う。
そして、逆転ホームラン的なものもないことは経験的に知っているわけで・・・
限界ももうわかっているし・・・
目先にあるものを少しでも楽しくするというか、
苦痛を紛らわせる工夫をするしかないような気もします。

 

仕事での転換がどうしてもその気になれなければ、

生活でちょっと変えてみるとか。身だしなみ整えるとか。

一言づつ何かしら話してみるとか。

傷つくかもしれないけど、何もしないよりは多分マシに思える。

人生に教科書なんてないから・・・ちょっとづつ変えていくしかないのかもしれません。

面白かった本

・働く男 星野源

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

 ずっと読んでられた。

分散しているような感じだったけど、面白かったです。

 

・ラブホの上野さん 

ラブホの上野さんの恋愛相談

ラブホの上野さんの恋愛相談

 

これもなんとなく気になっていたから買ったけれど、

読みやすかったです。

論理的な文章が好きなのかもしれないです。